節電

2号機の深刻な状態、一体どうなってしまうのだろうか。
こういう時、作業ロボットがあったら・・

だがしかし便利なコトに、負の側面もつきもの。
人間の代わりに今度はロボットに戦争させてしまうか・・
と、馬鹿なことを考えてしまう。

電力不足に陥って度々の停電、如何に電力に頼っていた生活だったのかを
思い知らされたが、でも、こんなことで大変なんて言ってられない申し訳無い。


追記:作業ロボット、単なる空想だったのだけど、本当にあったとは、、驚き。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by precious-komi | 2011-03-14 21:59 | 日々