ペギちゃんへの励ましの言葉、有難うございます。


f0071123_9355563.jpg
ペギちゃん、酸素室で頑張っています。『気持ちをしっかり持って』と自分で思っていますが、毎日しょっぱい涙を流しています。皆様励まして頂いて、本当に有難うございます。

4月2日のペギちゃん
ペギちゃんにとっては、昨年に続き、2度目のパークサイドカフェ。犬もOKのカフェです。今年は、長女とお友達が桜見物に連れて行ってくれました。
←寒い日だったので、ひざ掛けを貸していただきました。

腰の具合も落ち着いて、こんなポーズも自発的にするまで快復していました。




f0071123_2163070.jpg

桜見物の当日、帰宅してすぐ、段ボール箱を見つけて、ささっと入りました。
箱の中が大好きです。

そして、先週末に呼吸が苦しくなり、病院に行ったところ、「乳び」という診断がでました。
それまでは、割合元気でした。病院では胸に針を刺して「苺ミルク」のような液体を
200CC取ってもらいました。頑張っておとなしく治療に耐えていました。
f0071123_18205259.jpg

          ↑最近のぺギちゃん。とりこんだ洗濯物の上が大好きです。

その後110CC、50CCと少しづつ取る量は減ってはいますが「乳び」の状態は変わりません。
ずっと酸素室の中です。脈拍数も落ちて、食欲は有りません。
「早春の箱根路」のコメント欄で心臓に針を・・・と書き込みましたが、間違えていました・・。
胸でした・・、気が動転していました、ごめんなさい。

栄養点滴の事を伺ったら、それを打つ事は、今は難しい状況との事。
「お子さんたちとお別れの挨拶を今の内にしておいて下さい」との事で、子供も泣きながら
やってきました。
ブログを始めて2ヶ月。まさかこんな展開になるとは・・・悲しいです。
なかなか、返信コメントができなくごめんなさい。後で必ず・・・。


[PR]
by precious-komi | 2006-04-17 21:20 | ▼・ェ・▼ ペギ