緑陰に食す・・「燈々庵」

かねてから、友との間で「いつか・きっと・そのうち・・」と話題になっていた燈々庵
場所は、あきる野市(自宅から車で2時間弱)ということで、二の足を踏んでいました。
f0071123_1613716.jpg


f0071123_2018341.jpg

先日の悲しい出来事のさなかの、私の沈鬱な気持ちを、少しでも
明るい方向へ、と友人が配慮してくれました。
友人には昨年末に、私より数百倍の悲しい事があったというのに・・。本当に歳を重ねれば重ねるほど、友の存在は大きい・・。




f0071123_20244981.jpg

江戸期より17代続いている、旧家の土蔵を改装した店内には、食処とギャラリーが
ありました。駐車スペースも充分に確保されています。
作家物の陶器や漆器は、目の保養になりました(財布の紐をキュっと締めて!鑑賞)。
f0071123_20355061.jpg

皐月椿懐石の献立は、全部で十品(写真は、ほんの一部)。4200円のコースでした。
青竹や笹を、ふんだんに使った盛り付け。

私も自宅で、笹をほんの少々育てていますが、これが、お魚の盛り付けにはピッタンコ!
なんですよね~!盛り付けで夫の目をクラマソウって魂胆なのです。←いらぬ努力ばっかり!
f0071123_20382152.jpg

友と語った将来の夢(と、言うほど大それた事では無いですが)・・エキストラとなる。
そして、カフェで談笑しながら笑う役で出演する。←まさにジでしょ!
第九の合唱団に紛れ込んで歌う(注:私、音痴)。などなど、笑ったり、お互いの悲しい
出来事に涙したり・・・。ときを忘れて、ゆっくりと過ごしました。
f0071123_20452225.jpg

お食事の後は、テラス席でお抹茶。
「皐月の季節」と呼ぶに相応しい、心地良い風がさやさやと流れ、刻々と表情を変える
木漏れ日が、とても美しかったです。
f0071123_2047234.jpg

f0071123_16112975.jpg

緑豊かな、幸福な空間で、心身ともに癒されたひとときでした。
ペギちゃ~ん!見ててね~~!頑張るよ~!!!"(ノ_・、)"
[PR]
by precious-komi | 2006-05-28 08:05 | 美味探索中