初夏の箱根・・湖畔散歩

初夏の箱根に行きました。藤の房の薄紫が、若緑の山に映えていました。

ん~残念!ここに泊まったのではありません・゜゜・(>_<)・゜゜・。
ランチ&露天風呂・3500円のコースで、日中を過ごしました。
お風呂は、ちょっと後悔・・ランチのみでよかったかも~。夜に、ゆったり入りたい・・。
f0071123_11253426.jpg

芦ノ湖畔のホテルは、総理のキャッチボールシーンで有名ですね。
初夏の陽光に涼しい風、湖畔に打ち寄せる波の音、それに鳥のさえずり、とても静かで
気持ちのよい時間でした。
f0071123_11144390.jpg

ゆったりと休憩できる場所もたくさん。雨上がりの中庭は、しっとりとした風情。
f0071123_9571863.jpg

レストランでは、生ビールをオーダー。ビュッフェ形式なので、カメラは中断。
f0071123_11153975.jpg

天井には可愛い馬のディスプレイ。気分が晴れやかになった感じ。
f0071123_11162465.jpg

子供たちが小さかった頃は、ここでキャッキャ・キャッキャと団子状に転げまわって遊んだ事を
懐かしく思い出します。
f0071123_11133742.jpg

薔薇が見たくて「山のホテル」の庭園に行ったら、6月なのに雪???
f0071123_11185100.jpg

私たちが到着する少し前に大粒のひょう(雪と包む・・で雹と書くらしい)が降って、花という花
それに若い柔らかい葉が、鋭利な刃物で切り落とされたような無残な姿になっていました。
f0071123_11183198.jpg

「人生、ほんのちょっとのタイミングで、こんな事もあるのだよ」と夫。
薔薇も、固い蕾以外は、椿のように、地面に落ちていました・・とても哀れな光景・・。
f0071123_11185956.jpg

やっと、いつもの宿についてほっと一息。
箱根にくると、やはり夫婦共々、思い出すことはひとつ・・。
「半年先か、一年先かは分からないけれど、やっぱり、新しい子を迎えないと
鬱々とした気持ちは無くならないのかなぁ・・・」と夫。

でも、ペギちゃんを迎え入れた、9年前とは、家族の状況が違う・・・。
今や社会が待っている(?)私は、外出が多い・・。
他に見る人間がいないので、やはりちょっと可哀想かな。
f0071123_11292527.jpg

息子が心配して「何でも協力するから、新しいワンちゃんを迎えて」と、電話が掛かって
きているけれど・・。
でも、最初から、人の助けを当てにして飼うべきでは無いかな、という気も・・。

そんな訳で、2人で「思い出」に感謝して生きていこう・・・と言う事になった(今のところ)
けれど・・・『けれど・・ばっかりだわ~、今日のブログ』。

どうなんでしょう?
[PR]
by precious-komi | 2006-06-09 20:58 | 旅行