ヨーグルトムース・ラズベリーソース

作り方が簡単で、失敗がないのが魅力の“ヨーグルトムース”。
生クリームを、ヨーグルトと同じくらいのやわらかさに泡立てると、上手く混ぜられます。

もう1点は、ヨーグルトを、あらかじめかき混ぜて、なめらかにしておく事です。
混ぜて空気を抱き込むと、他の材料となじんで落ち着くようです。
f0071123_10403626.jpg

鉢で育てている、小さなベリーを、飾りに使いました。
青い星型の花は“ボリジ”。美容に効果が高く、血液をきれいにすると言われています。
夜明けに咲き出し、刻々と色の表情が変化していく様子は、見ていて飽きません。
f0071123_1494925.jpg

苺の季節は終わってしまったので、ラズベリー(フランボワーズ)ソースにしました。
ミキサー本体に付いていた、ミニ・ミキサーを使うと、数十秒で出来ます。

子供達の離乳食作りに、大活躍していた物ですが、懐かしい・・。
今日のミキサーには、ブランデー少々と、三温糖が入っています。
f0071123_1131230.jpg

:::ボリジ:::
古代ケルト人の戦士や、中世の十字軍の兵士達も、出陣前には、ボリジを浮かべた
ワインを飲んだそうです。「勇気」のシンボルだったのですね。


私も毎日!沢山!飲みたい♪




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

9月3日追記:昔使っていたレシピが、数年振りにやっと、やっと!見つかりました!
併せてご紹介しますね。これが私には使い慣れたレシピです。
型は、21センチのドーナツ型を、使っていたと思います。

<材料>
①牛乳270cc
 砂糖90g
 粉ゼラチン15g・・・大さじ4杯の水にふりいれ、15分以上おき、ふやかしておく。

ヨーグルト270cc
生クリーム200cc
バニラエッセンス 少々
レモン汁半個分

いちご 6~7個
ブランデー 少々  >ミキサーで数秒間かき混ぜてストロベリーソースを作る
砂糖 少々

<作り方>
1・①の材料を温めて、砂糖が溶けたら火を止めてゼラチンを溶かし、冷ます。
2・生クリームを7分立てに泡立てて、ヨーグルト・バニラエッセンス・レモン汁を加え
  よく混ぜる。
3・混ぜた中に①を裏ごし器で漉しながら入れ、混ぜて水で濡らしておいた型の中に流しいれ
 冷蔵庫で固める。

カットしたヨーグルトムースに苺ソースをかける。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ヨーグルトムース
<材料>
   牛乳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥100㏄
   砂糖(三温糖を使いました)‥‥80g
   板ゼラチン‥‥‥‥‥15g 13g (7月17日追記:この分量では、少し固めになりますので、訂正させていただきました。)
   プレーンヨーグルト‥‥‥300g
   生クリーム‥‥‥‥‥‥‥200㏄
   ホワイトキュラソー‥‥大さじ1
   レモン汁‥‥‥‥‥‥‥大さじ1.5
   果物・・・苺・キウィ・ラズベリー(フランボワーズ)など

<作り方>
1.小さな鍋に牛乳と砂糖を入れて火にかけ、砂糖が溶けたら、ふやかしておいた
   ゼラチンの水気を絞って加えて溶かす。
   より、なめらかにするために、こし器に通し、そのまま人肌くらいに冷ます(冷ましすぎると
   固まるので注意する)。

2.ヨーグルトをかき混ぜて、なめらかにする(コツ)。
  このとろみと同じくらいのなめらかさまで、生クリームをホイップする(コツ)。

3.ホワイトキュラソーとレモン汁で香りづけをする。

4.1のゼラチンを溶かした牛乳を加えて混ぜ、容器に入れ冷蔵庫で冷やし固める。

5・好みでソースをかける。
ソース・・・苺・キウィ・フランボワーズ等と砂糖・ブランデーをミキサーで攪拌する。

f0071123_21494613.jpg

[PR]
by precious-komi | 2006-07-04 21:37 | お菓子