ポーランド大使館でショパンの調べ♪

「魅惑のポーランド」と題して“江崎昌子さん”によるピアノ演奏と、ショパンのおはなし
そしてポーランド大使館の“ヤロスワフ・ヴァチンスキ”さんから、ポーランドの魅力に
ついて、お話を伺った後、ミニパーティーがありました。

ポーランド語は、とても難しいとの事、お名前からして想像できますネ(失礼致しました・・)。  
f0071123_1545917.jpg

ポーランドは、湿気が無くて(嬉しいこと!)過ごし易く、ベストシーズンは、4月~11月。
9月から「黄金の秋」が始まります(行った事が無く、請け売りなのですが・・)。

ポリフェノールたっぷりの、カシスジュース、ビール、ウォッカ、ドーナッツ
それにホットチョコレートなどが美味しく、ワインは余りお勧めしないとか。
ワインを飲んでいらした方に、お尋ねしたら「美味しい」と、おっしゃっていましたよ。

そして、数えきれない程の、ポーランド料理名を教えていただきました。
伝統的な料理には、化学調味料を使用しない、自然の恵みを活かしたものが
多い事に気付かされます。
f0071123_1551472.jpg

ポーランド出身の世界の著名人として揚げられるのは、ショパンを始めとして
地動説を打ち立てたコペルニクス、キュリー夫人、ヨハネ・パウロ2世
映画「灰とダイヤモンド」などで知られる、アンジェイ・ワイダ監督
1983年にノーベル平和賞を受賞した鉄の男・・ワレサ氏など。
f0071123_15165775.jpg

私が唄いだすと、聞いている人が椅子から転げ落ちるほどの、音痴!なのですが
この日は唄いましたよ~「森へ~行き~ましょぉぉ娘さん~♪」

久し振りに、チョッピリ学生気分♪合唱は、ストレス発散効果がありました。
やっぱり、第九の合唱にいつか参加してみたい(注:しつこいけど私、音痴)!
f0071123_1554577.jpg

「実は、サプライズなお知らせ。私達は夫婦なんです。子供もおります。」に、会場に居た
88名から「おぉ~っ!」と、どよめきが。とても優しそうな、お二人でした。
f0071123_15623.jpg

コンサートの後は、ワイン&ジュース、それにカナッペなどで、ミニパーティが開かれました。
私、とても恥ずかしがり屋なので、壁のシミとなって同化してしまいました。

「いかんいかん!もっと度胸をつけにゃぁ!このままでは、私の人生の華(hana*)が
開かない・・じゃぁないか!」と、自宅に戻ってから、猛反省(-_-;)・・いつも、常に、毎回・・。
f0071123_1562023.jpg

↑自宅じゃありません。“ポーランド共和国大使館”。・・・念のため。
当たり前?!すみませ~ん(T-T*)
[PR]
by precious-komi | 2006-07-10 15:31 | 日々