マンダリン オリエンタル東京 partⅡ

「寝具の御用意でお部屋に入らせて頂きますが、何時頃がよろしいでしょうか?」
「はい!お夕飯の時に、お願いいたします~」←余り分かってない。
f0071123_1944992.jpg

                   <写真は、これ一枚のみで、お食事に専念しました>

お腹いっぱいで部屋に戻ると、いい香りのエッセンシャルオイルとそれを楽しむ、お小皿
それに明日の気温と降水確率が記入されたカードが置かれていました。
至れり尽くせり!

タオル、石鹸も交換されて、さきほど早速バッグに入れてしまった海綿も補充されて
いました(アサマシイのでは無くって、知らなかったのです~!)。
f0071123_19484992.jpg

何といっても楽しみだったのは「都会のホテルのジム」。
トレーニング ウェアに急いで着替えて、体験してきましたよ~♪
東京の夜景を眺めながらのウォーキングマシン。
f0071123_19513327.jpg

でも、午後9時にワインサービスの予約を入れていたので、あたふたと部屋に戻りました。
都会のラグジュアリー体験とは、程遠い私達の行動。トホホ~・・。
この後、1本だけ無料になる映画も見なくちゃ!
f0071123_19552427.jpg

部屋の鍵を開けた途端
「ん?何かおかしい・・・」
「何かキチンとしている・・・」

「あ~~~~~っ!」





ジムへ急ぐあまり、ベッドの脇へ脱ぎ捨てた夫のボロボロになったシャツが~!
き・ち・ん・と畳まれてこの上に~!
f0071123_19592071.jpg

「だ~か~ら~!古い下着は捨てようって言ってたでしょ」・・・と、私。
・・・でも、これって私の役目じゃ?そお。
f0071123_2012161.jpg

夫は日々何気なくシャツを洗濯籠に入れ、私も日々何気なく洗濯機に放り込み、そして干す。
乾いたからには、畳んでタンスにしまう。
f0071123_2031863.jpg

常に心配していました。
「急に倒れた時に、下着がボロだったら、どうしよう?」
あ~~!ついに、見られてしまった!

でも、どうして私達が部屋に居ないのが、分かったのかな~?
それに一晩に2度もお掃除に入るなんて、聞いてないよぉ~(T-T*)

教訓:夫の下着がくたびれてきたら、迷わず雑巾に!
[PR]
by precious-komi | 2006-07-19 00:03 | 旅行