ハーブソルトでピーマンマリネ

友人との、食べ物談義の中の「フレッシュバジルを塩漬けにすると、お塩に味と香りが
移って、とても重宝なのよ」という話に、とても興味を持ちました。
f0071123_1084113.jpg

と、言うのもその数日前に「タイムを塩で保存すると美味しくて便利」との新聞記事を
読んでいたからです。
バジルも絶対に美味しいと確信し、翌日には買物に走りました。100yenショップへ!
f0071123_9504931.jpg

手持ちの空き瓶は、蓋が金属製なので、本体も蓋も全部ガラス製の物を探しました。
ありましたよ~♪早速バジルと塩を交互に重ねて一ヵ月後(↓)いい香りが移っています。
最初は入れていませんでしたが、8月に入って海苔に入っている「シケナイ」を一番上に
重ねました。これで湿気対策も万全!
f0071123_959585.jpg

日本人の食卓に欠かせない醤油と塩の違いについて、ふと思いましたが、お醤油を見て
うっとりする事は、まず無いでしょうね~?

ところが、このお塩!見てよし味もよし、香りでうっとりするのです。思わぬ癒し効果あり!
トマトに欠かせぬバジル風味の、このお塩を使って、私の得意分野「味付け簡単料理」を
ご紹介しましょう。赤ピーマンをたっぷり使います。
f0071123_1033309.jpg

8/21追記:友人から連絡がありました。焼き魚・肉料理に使うと、とても美味しいそうですよ♪
お塩は精製塩でなく「自然塩」を使ってね、との事でした。
写真用に、バジルの葉を少々出して撮影しましたが、葉が全部隠れるように、塩を重ねます。

8/21追記:またまた連絡が入りました!優しい友人でしょ!
注意点:「お塩を使用中、バジルの葉が表面に出てきたら必ず塩で覆うこと
これは、かなり重要なポイントだと思いますよ。バジルが表面に出ているとカビ発生の恐れあり
とのことでした。

レシピはこちら↓



f0071123_1156110.jpg

    -----塩・バジル・塩・バジル・・・と、重ねて中には沢山のバジルの葉が入っています----

  :::::::::::::ピーマンマリネ::::::::::::::

<材料>
赤ピーマン 
トマト
ケッパー
バジル塩(と勝手に命名)・・8/19追記:皆様からのコメントで気付きました。
                        「バジルソルト」と呼ぶ方がオシャレ!
オリーブオイル
ワインビネガー
★目安として・・・赤ピーマン・1人1個
          トマト中サイズ・1人1/2個

<作り方>
1・赤ピーマンにサラダ油を、刷毛で全体に塗る。180℃で20分焼く(↑写真のように
  焦げめがつきます)。少しおいて皮をむく(中から熱い水分が出るので注意)。
2・果肉にバジルソルトをふり、脱水させる(キッチンペーパーで2重にくるんで1時間冷蔵庫)。
3・トマトの皮をむき、種を取り、角切りにする。キッチンペーパーで水分を取る(ポイント)。
4・2の冷えた赤ピーマン(種を取り除く)を縦に細切りにする。
  バジルソルト少々・トマト・ケッパー・ワインビネガーを手でよく混ぜる。
5・オリーブオイルを、ワインビネガーと同量入れて混ぜる。
6・イタリアンパセリを散らす(私は細かく刻み乾燥させて、冷凍保存しています)。無くてもよい。
f0071123_11381563.jpg

刻んだバジルを混ぜる方法もありますが、これは味が均等に染み込み、マイルドで美味~!
[PR]
by precious-komi | 2006-08-19 12:23 | 料理