兜のつもりが

GW、いかがお過ごしでしょうか?
五月五日は、菖蒲湯が楽しみな日。

いい香りに包まれて温まると、心までほかほかになれそう♪
この「菖蒲」、江戸時代より「勝負」に因んで男の子の節句に使われるようになったとか。
f0071123_1042358.jpg

もうひとつの楽しみは、柏餅とちまき。
関東は柏の葉、関西では若葉で包むちまきが一般的だと聞きました。

せっかちな江戸の人は、くるくると剥きながら食べるちまきが苦手だったそうですが
どうなんでしょうね?私が子供の頃は、ちまきをくるくるを剥くのが大好きでした。
f0071123_1045242.jpg

余談ですが、この季節の酸っぱい思い出・・
採れたての柔らかい筍の皮に梅干しを入れて円錐上に巻き、小さな穴からチューッと吸い
あげるのが楽しみでした。筍のフレッシュな香りと梅の酸味が思い出すと、あ~(^¬^)←ヨダレ

先日、新宿のcuocaで柏の葉を買ったので、上新粉と白玉粉を使って柏餅を作りました♪
私は大好きなのですが、夫は白餡とお味噌を混ぜた、みそ餡が苦手(T_T)
それでいつも、こし餡で作っています。
f0071123_1051979.jpg

長男の初節句の時に買った人形です。
初めは、兜を買うつもりで出かけたのですが、ぷっくりと可愛らしい顔を見た途端、気持ちが
傾いてしまったのでした。因みに長男は、似ても似つかない醤油顔になってしまいました^^
[PR]
by precious-komi | 2007-05-03 10:17 | お菓子