初めてのイル・プルー

パウンド講習会・4回コースの、第1回目のレッスンに行きました。
レッスンでは、1人2本づつ焼いたので、合計4本持ち帰りました。
代官山のイル・プルーの評判は、友人から何度も聞いていたものの、
参加するのは今回が初めて。

それに何と言っても、参加の大きなきっかけになったのは・・・
YPSILONの台所・ Yさんのブログで、いつも美味しそうなケーキを拝見していたから!
f0071123_11105136.jpg

                    ----- ケック・オ・ノア-----

もう~!これまでのパウンドの作り方の常識ってなんだったの?という程の
強い衝撃を受けました。
粉の常識からして、これまでのものとは違うのですが、その理論理屈を伺って、
納得しました。

販売しているお菓子のルセット(レシピ)を全く出し惜しみすることなく、懇切丁寧に
教えて頂きました。
メレンゲの立て方、温度や混ぜる回数、スピードなど、本当に参考になります。

ケック・オ・ノアは、くるみとレーズンのパウンド。
メレンゲがいっぱいの柔らかいケーキで、ホロっとした軽い歯ざわりでありながら、
リッチなお味と、芳醇な香りのパウンドケーキでした。

杏のパウンドは WILLIAMS-SONOMAで買った、脚付きのお皿に盛りました。
せっかくの、脚が写っていません~(T・T゛
f0071123_1142372.jpg

                    ----- 杏のパウンド-----

美味しい~~♪
味がしっかりして、そして、しっとりでとっても美味しい(何度も叫びたい)!
イボワールと言うフランス産のチョコレートも、入っています。
今回、厳選された素材を使うことの重要さを、再認識しました。

夫が帰宅する時に
「あのケーキまだ残ってる?」
と、確認の電話をしてくるほど、本当に本当~に、美味しかったです♪
f0071123_115552.jpg

お皿は、NYでの店じまい半額セール中のアンティークショップで買った、
約130年前の物(ちょっと暗く写ってしまいました)。
不思議な雰囲気を持つ絵柄に、惹きつけられました。
[PR]
by precious-komi | 2007-06-19 11:24 | お菓子