今年も松葉で減塩梅干し☆

毎年暑い時期に作っている枝豆ご飯。
今年は、去年漬けた梅干しを使ってみました☆
f0071123_15523499.jpg

ご飯に枝豆・梅干し・ちりめんじゃこ・みょうが・紫蘇・胡麻・きざみ海苔を混ぜるだけ。
とっても美味しいので、是非お試しを!

結婚以来作っていた"松葉を使った減塩梅干し"。
いつの間にか作らなくなっていましたが、セピア色のレシピを元に去年、復活しました。
まろやかなお味に感激して、今年もまた作ってみました。
一晩で澄んだきれいな白梅酢が上がってきました。
f0071123_14522627.jpg

今年はレシピを載せてみます☆



f0071123_15264962.gif

<松葉漬けの材料>
梅1キロ
塩100グラム(天然塩か粗塩)
焼酎200CC
松葉10グラム
<作り方のポイント>
●梅を漬ける前の容器、重石、押し蓋は清潔にし、天日に干し、漬ける直前には
 熱湯消毒する。
●梅は傷や斑点のない、堅くしっかりしたものを使う。
●漬け込んで、1週間しても白梅酢が上がってこないときは、ゆするか塩少々と焼酎を加える。
f0071123_15275981.gif

1・梅をたっぷりの水につけ、アクや渋みを抜く(一晩)。
 熟して果肉が柔らかい場合、3~4時間。
 ふきんでよく水気をふきとる。

2・ボールに梅、塩を入れ、手でよくまぶす。
 その後焼酎を加え、全体になじむようによくかきまぜる。

3・保存容器に隙間のできないように移し替える。
 洗って水気を切った松葉を、梅と梅の間にふりいれる。
 落し蓋をして重し(梅の重さの2倍)をし、ごみやほこりが入らないように紙ふたや
 ビニールなどで覆い密封する。

 漬け汁が梅にかぶるくらいにあがったら、重しを半分に減らし、再び紙ふたをする。
4・漬けたあとの白梅酢は1ヶ月後に別ビンに移す。
 梅雨が明けて土用に入ったら、晴天の日を選び3日間ほど干す。
 梅が茶色に変われば干しあがり。ビンに保存する。

 その時、焼酎を霧吹きで吹いておくと、ねっとりとした甘さが出るので試してみてください。
*ひと冬越して翌年の2月頃になるとさらに美味しくいただけます

f0071123_1526192.gif

[PR]
by precious-komi | 2008-07-04 16:03 | 料理