「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お菓子( 26 )

超~リッチなお味★

f0071123_9521741.jpg

前回の記事に、ちょこっとだけ写っていたアーモンドボール。
これはアメリカに居た頃、友人から教えて貰った、懐かしのクッキー☆
これでもかっ!ていうくらい、アーモンド&アーモンドプードルが入って、とてもリッチなお味。

そのレシピを本棚の奥にしまいこんでいましたが、最近また復活して、度々我が家の
おやつに登場しています。
コンデンスミルクの風味をプラスしたらどうか、と、少し加えてみたところ・・

う~~ん!美味し過ぎ!!
只今『食べすぎ注意警報』 発令中

レシピ⇒★
[PR]
by precious-komi | 2008-09-29 10:50 | お菓子

エアロチーノ☆

この夏、買いました。
(またまた話題が遅れ気味ですが...( ̄。 ̄ )ボソ)
f0071123_17173547.jpg

ここ十数年"NESPRESSO"のコーヒーメーカーを愛用しています。
・・が、牛乳を泡立てた後のノズルのお掃除が面倒で、カプチーノを作る機会が
遠のいていました。

そういった訳で、この夏、
ふんわりクリーミーな泡立てが簡単にできる"エアロチーノ"買いました。
f0071123_10193613.jpg

丸洗いできることが、何より嬉しい♪
ホットでもアイスでも両方の泡立て可能なので、夏にはマッキャート・グラッセ
楽しみました。

今日は、アーモンド・ボールとカプチーノをいただきます♪
このクッキー、コンデンスミルクの風味が効いて美味しいの!
続く・・・
[PR]
by precious-komi | 2008-09-18 11:16 | お菓子

苺を使って・・

お正月前って、必ず不必要なくらい生鮮食料品を買ってしまうのは、何故なんでしょう?
かつてお正月の商店街は、静寂な門松の風景・・という印象がインプットされたから(?_?)?

年末に買い溜めした苺は、、、☆
結局ジャムとなる運命を辿ったのでした。
f0071123_9285153.jpg

我が家の家族が大好きな、クッキー生地で焼いてみました。
レシピは、母から受け継いだ配合。
バターの香りがリッチで、どこか懐かしい味がします。
写真は、海外レシピ本を参考に真似っこして撮ってみましたー★

クッキー生地はしぼり出してから冷蔵庫でちょっと冷やした後に焼きます。
サンドしたバタークリームは、グラニュー糖とホイップした卵白を加えることで、
あっさりとした味になりました。
f0071123_9282016.jpg

因みに我が家の近くのスーパーは、1月1日も開いていたのでした~ノ(´m`*)
全く買い溜めの意味なし、残念
[PR]
by precious-komi | 2008-01-25 10:06 | お菓子

残念なことに、この日も天候は大雨でしたが、気分はルンルンで帰宅したのでした~
パウンドケーキ4回コース・最終回のレッスンでは、今秋出版されたご本が、全員に
配られたのです☆
f0071123_8301070.jpg

夫曰く、、「それも代金に含まれているんでしょう?」←無視無視ヾ(。`Д´。)ノ彡☆

"ケック・オ・ノワ・ドゥ・サルラ "・・サルラはくるみの産地名だそうです。
別立て法で作ったので、メレンゲがつぶれないように、注意深く混ぜました。

もうひとつは "プラムのパウンド "・・こちらは共立ての方法で、キャラメルを作って混ぜます。
味が馴染んだ翌日、ARABIAのビンテージ物のお皿とカップでいただきました♪
f0071123_831172.jpg

毎回、2種類のパウンドを持ち帰り、夫と感想を話し合います。
どの回も、味の好みがピタリと一致しましたが、今回だけは、意見が分かれました。
夫はくるみのパウンド、私はプラムのパウンドが好きでした。
f0071123_8322659.jpg

いただいたご本
"一人で学べる イル・プルーのパウンドケーキ おいしさ変幻自在 "
写真付きの解説が、とても丁寧です。
[PR]
by precious-komi | 2007-11-11 08:44 | お菓子

イル・プルー3回目

パウンドケーキ講習3回目のレッスンは、7月の暑い時期だったので、20℃くらいに
冷やした粉を使いました。
f0071123_15452031.jpg

                  -----オレンジのパウンド -----
この会は "オレンジのパウンド "と、
グラスで仕上げる "レモンのパウンド "のレッスンを受けました。
f0071123_16181679.jpg

何ということでしょうか!講習の日は最終回の10月も含めて、全て雨が降りました。
それぞれの会、どっしりと重たいパウンド4本に傘をさして、大切に持ち帰りました。
f0071123_16184892.jpg

レモンのパウンドは、よく混ぜないと、全く別の物ができるということで、緊張しました。
カットすると、「ほろほろ」とレモンピールとオレンジピールがこぼれます。
こんなにフルーツぎっしりなパウンドは、見たことがありません~
[PR]
by precious-komi | 2007-10-29 16:40 | お菓子

イル・プルー2回目

月の満ち欠けを繰り返している内に、季節はいつの間にか巡って木々もそろそろ冬の準備を
始めています。今日は、冬布団の支度をしました。

写真の整理が遅れて、パウンド講習会の記事をアップする事ができませんでした(汗)
ペーパーナフキンも夏の色ですね(・・*)。。oO
これは6月に講習を受けたものです。
f0071123_1443284.jpg

パウンド講習会・4回コースの、第2回目のレッスンは、
"いちじくのパウンドケーキ "と "荒々しいナッツのパウンドケーキ "。

いちじくのパウンドケーキは、黒糖といちじくのコックリした感じがとても合っていました。
f0071123_14441376.jpg

表面のアップ写真です。
ジュワっと美味しいケーキは、近所のお友達にも大好評でした。
f0071123_1446475.jpg

こちらは、荒く刻んだナッツがごろごろと入って、豪快なお味でした。
[PR]
by precious-komi | 2007-10-29 15:05 | お菓子

いちじくのソルベ

フレンチレストランに行くと、メニュー表には、シャーベットをソルベと書いてあるところが
圧倒的に多くなりましたね。私も、真似っこして、今日はソルベと呼んでみます。
そのソルベ、アイスクリーマーが無くても、フードプロセッサーで、簡単にできるんです。

パリのイズラエル・・小さなこの食材店は、一流シェフも足を運ぶことでよく知られており
香辛料やドライフルーツの品質はピカイチとのこと(←by 友人情報)。
f0071123_19554831.jpg

そこで売られているセミドライいちじく(とても柔らかく、干し柿のように連なっている)を
頂いたので、赤ワインと合わせて煮詰めました。

セミドライいちじくそのままも、チーズとの相性もよく、とても美味しかったです☆
ワイン片手に・・あ、飲めなかった(TmT゛)/~~~

ソルベの話に戻りますが、
赤ワイン&砂糖で煮たセミドライいちじく(ゆるいジャム状)とレモン汁、キルシュワッサー、
生のいちじくを皮ごと荒く刻んでフードプロセッサーにかけて、冷凍庫で固め、再度
フードプロセッサーで混ぜると、美味しいソルベができます。
f0071123_19575100.jpg

以前買ったいちじくジャムが、まだ少し冷蔵庫に残っていた事を思い出し、
今度は、これにレモン汁、キルシュワッサー、生のいちじくをフードプロセッサーにかけて
作ってみたら、超簡単ソルベができました。すぐに出来てお味も満足

レシピ☆.。.:*・°
[PR]
by precious-komi | 2007-10-21 20:14 | お菓子

変身★☆★

これはなんでしょう?
泡もチラッと見えるでしょう?
f0071123_11253540.jpg

泡と言えば?ビール!
・・じゃないんです(・ω・)/

シャンパンを煮詰めて作った" シャンパンコンフィ "。
シャンパンのジャムです。
苺の季節にひと口頂いて以来、リピート買いしています(少々お値段張るのが難点)。
f0071123_1126924.jpg

失敗談も・・
クール便でお願いしなかったので、自宅に届いた時点で(猛暑日の影響か)サラサラに
なってしまい、風味も消えていました、、トホホ。
それ以来、クール便で注文するか、お店で買う場合は保冷材を入れてもらっています。
f0071123_112642100.jpg

こんな感じに ↑ トロっとしています。
苺の季節が終わって、桃の季節(かなり気に入りました)にも、それはそれは重宝しました。
アイスクリームとも好相性でした。
f0071123_11272931.jpg

シャンパンコンフィを加えることで、デザートが一気に大人の味に、変身 ☆★☆
香りが、お口の中いっぱいに広がって、今日もとっても美味でした
[PR]
by precious-komi | 2007-09-12 12:34 | お菓子

初めてのイル・プルー

パウンド講習会・4回コースの、第1回目のレッスンに行きました。
レッスンでは、1人2本づつ焼いたので、合計4本持ち帰りました。
代官山のイル・プルーの評判は、友人から何度も聞いていたものの、
参加するのは今回が初めて。

それに何と言っても、参加の大きなきっかけになったのは・・・
YPSILONの台所・ Yさんのブログで、いつも美味しそうなケーキを拝見していたから!
f0071123_11105136.jpg

                    ----- ケック・オ・ノア-----

もう~!これまでのパウンドの作り方の常識ってなんだったの?という程の
強い衝撃を受けました。
粉の常識からして、これまでのものとは違うのですが、その理論理屈を伺って、
納得しました。

販売しているお菓子のルセット(レシピ)を全く出し惜しみすることなく、懇切丁寧に
教えて頂きました。
メレンゲの立て方、温度や混ぜる回数、スピードなど、本当に参考になります。

ケック・オ・ノアは、くるみとレーズンのパウンド。
メレンゲがいっぱいの柔らかいケーキで、ホロっとした軽い歯ざわりでありながら、
リッチなお味と、芳醇な香りのパウンドケーキでした。

杏のパウンドは WILLIAMS-SONOMAで買った、脚付きのお皿に盛りました。
せっかくの、脚が写っていません~(T・T゛
f0071123_1142372.jpg

                    ----- 杏のパウンド-----

美味しい~~♪
味がしっかりして、そして、しっとりでとっても美味しい(何度も叫びたい)!
イボワールと言うフランス産のチョコレートも、入っています。
今回、厳選された素材を使うことの重要さを、再認識しました。

夫が帰宅する時に
「あのケーキまだ残ってる?」
と、確認の電話をしてくるほど、本当に本当~に、美味しかったです♪
f0071123_115552.jpg

お皿は、NYでの店じまい半額セール中のアンティークショップで買った、
約130年前の物(ちょっと暗く写ってしまいました)。
不思議な雰囲気を持つ絵柄に、惹きつけられました。
[PR]
by precious-komi | 2007-06-19 11:24 | お菓子

兜のつもりが

GW、いかがお過ごしでしょうか?
五月五日は、菖蒲湯が楽しみな日。

いい香りに包まれて温まると、心までほかほかになれそう♪
この「菖蒲」、江戸時代より「勝負」に因んで男の子の節句に使われるようになったとか。
f0071123_1042358.jpg

もうひとつの楽しみは、柏餅とちまき。
関東は柏の葉、関西では若葉で包むちまきが一般的だと聞きました。

せっかちな江戸の人は、くるくると剥きながら食べるちまきが苦手だったそうですが
どうなんでしょうね?私が子供の頃は、ちまきをくるくるを剥くのが大好きでした。
f0071123_1045242.jpg

余談ですが、この季節の酸っぱい思い出・・
採れたての柔らかい筍の皮に梅干しを入れて円錐上に巻き、小さな穴からチューッと吸い
あげるのが楽しみでした。筍のフレッシュな香りと梅の酸味が思い出すと、あ~(^¬^)←ヨダレ

先日、新宿のcuocaで柏の葉を買ったので、上新粉と白玉粉を使って柏餅を作りました♪
私は大好きなのですが、夫は白餡とお味噌を混ぜた、みそ餡が苦手(T_T)
それでいつも、こし餡で作っています。
f0071123_1051979.jpg

長男の初節句の時に買った人形です。
初めは、兜を買うつもりで出かけたのですが、ぷっくりと可愛らしい顔を見た途端、気持ちが
傾いてしまったのでした。因みに長男は、似ても似つかない醤油顔になってしまいました^^
[PR]
by precious-komi | 2007-05-03 10:17 | お菓子