徳島の味

ボランティア活動に出かけたある日のこと・・。
重い荷物で下が見えなくなり、駅の階段を踏み外してしまった。
たった1段だったのに、10日経った今も、右足の甲の腫れがひかない~。
f0071123_10422712.jpg

このところ、ついてなかった。
JRの、Suica カードを落としたし・・。
改札をぬけた時に、ちょっとポケットに挟んだのがいけなかったのね・・。
f0071123_10425115.jpg
        
落し物の届けは出したけれど、連絡なし・・。
残額は、2000円くらいだったかな。誰かが使っていると思うと、グヤジイ~(T-T*)
f0071123_1043569.jpg


・・そんな「不幸だった私」ですが。

美味しいドレッシングでサラダを作ったり(レシピ本を真似て写真をパチリ)・・
"毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ"を参考に、さつま芋のおやき風を作ったり・・
すだちを使って、きのこ(マツタケじゃないよ)たっぷり料理で秋を感じ、とてもHAPPYになりました。
f0071123_10432221.jpg

*1人用の小さな土鍋(14cm×9cm)に、白身魚&きのこ&銀杏などを入れ、お酒をふり
蒸し焼きにしました。すだちを絞って、お醤油をたらり。簡単に出来て、美味しいです!
何かが足りないと思ったら、最後の三つ葉を忘れた~。折角揃えたのに(;_;

More☆.。.:*・°
[PR]
by precious-komi | 2006-09-28 10:44 | 料理

価値基準

ここ2、3ヶ月間の忙しさといったら、相当なものだった・・。
と、言うのも5月下旬から6月にかけて申し込んでいた、某カード会社主催のカルチャー
レッスン・・それを、順次こなしていくのに精一杯の日々が続いたため。

それも今週で終わるので、ご安心ください(誰も心配してなかったか)。
f0071123_8554677.jpg

                       ---蓼科土産/食用 ほおづきのその後
                         チョコレートとマッチして美味しい!---

ブログを以前から読んで頂いた方には、ご想像がつく事かと思いますが、5月に悲しいことが
起こり、その後に襲ってきた鬱状態(犬の事だけでなく他にも色々)から抜け出したい、と
モガイタ結果なんでしょうね・・。次から次へと「申し込み確認の案内状」が届き・・。

記事にはしていませんが、ありとあらゆるジャンルのものに申しこんでいて、何を思ったのか
「スピーチ講座」も申し込んでいました(どこで発表するつもりだったのかな?)。

★9月27日追記★
あ~~!何て恥ずかしいんでしょう~!
バーランド和代先生!私のブログを発見して下さったのですね(;^_^A
f0071123_8562139.jpg

                     ---蓼科土産のドライフルーツを入れました---

*ここで、ちょっとだけ "豆知識 " 先生から、教えて頂きました。
400字詰め原稿用紙の2/3までを埋めて、普通の速度で話すとちょうど1分。
従って3分スピーチの場合、それを3枚分書けばいいそうです。便利でしょ?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、いよいよ今日の本題。女性向けの月刊誌では「エレガントなキャリアウーマン」として
度々登場していらっしゃる、谷口久美さんの講演会に行きました。会場は銀座のFRED
映画プリティー・ウーマンで一躍脚光を浴びましたね。

我が家には「すねかじり」が未だおりますので、宝石にまで資金がまわらなかった事と、何より
貴金属には、余り興味がなかったので(負け惜しみじゃないよ)いつも素通りの状態でした。
実はFREDもよく知らなかったのですが、パワーのある女性から、素敵なお話が伺える
よいチャンスと思い、行ってきました。
f0071123_8565039.jpg

特に印象に残ったのは「人生を豊かで満たされたものにするために、何が一番大切ですか?」
との司会者の質問に、即座に「人との出会い」と答えていらしたこと。
「その出会いのためには内面を磨き、高めていこうとする気持ちが大切である」とのこと。

最も重要だと思った点は「出会いに感謝する気持ちが欠けている人には、本当の幸運は
訪れません」ということ。(確かに、全てにおいて言えること!分かっちゃいるけど時々忘れる!)
f0071123_8591974.jpg

                     ---「ゴミがついている・・」と思ったら小石の演出でした---

その後、店内の宝石を何でも身につけてよい♪という事だったので、あれやこれやと
欲張って指環を・・。(こんな機会は2度と来ないであろう)
友人と「いいわぁ~いいわぁ~」「これ、おいくら?」(勿論買えるわけ無い)などと言って
いる内に金額感覚がマヒしてしまい、最後に出して頂いた、ガラス玉くらいの大きな大きな
ダイヤの指環、130万円に・・・。

友人、「安いわぁ~!これなら買えるかな~。でもあんまり安くて、これじゃぁガラス玉にしか
見えないわ~」 私、「そうね~、異様に光り過ぎて、なんだかダイヤに見えないわ」
でも、何やら宝飾店の方の表情がこわばっているような・・。

「ん?・・イチ・ジュウ・・ヒャク・・・え~~~~\(◎o◎)/ 1300万円!」

知らないという事は何と恐ろしや、という教訓でした・・。
いえいえ!!そういう事では無く!
「値段が価値基準」という私の浅はかさが、本日只今露呈されたということでした・・(T-T*)
[PR]
by precious-komi | 2006-09-23 09:30 | 日々

○秘指令・・・「ブログ写真 / こっそり上達作戦」を、実行すべく yonechiさん
フォトレッスンに行ってきました。

8月のある日の夕刻、某写真家ブログからたどり着き、即刻申し込みのメールを打ちました。
後に分かったのですが、ブログの間で、よく知られた方だったのでした^^。

レッスン前日には「三脚を買った夢」まで見ました。気合入ってるぞ!
f0071123_1612550.jpg

先ず最初に、物を撮る時の、外光の調節の仕方をレクチャーして頂き、大変勉強になりました。
教えていただいた反射板も、早速作ってみます。100yen ショップへGO!
f0071123_16253064.jpg

次に、yonechiさんが作成された↑上手なお料理写真の撮り方の解説書を参考に
マニュアル撮影に初チャレンジ!友人が、作ってくれた指輪とピアスを、撮影しました。

当日は、素敵な生徒さんが、もうひと方いらしていていました。
その方の(単焦点レンズを使った)本格的なお写真は、素晴らしい~仕上がり!
素敵な写真から、とてもよい刺激を受けました(単焦点レンズ、欲しいな~・・)。

10/5(木)に神戸で1 Day Lesson があるそうですよ♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、ブログ関連で嬉しいことが、もうひとつ。
お仕事と、子育てを見事に両立されていらっしゃる "半分こ。。"のんさんから、素敵な
プレゼントが届きました。
f0071123_934868.jpg

ボンヌママンのハニー、お手製のバニラビーンズ入りシュガー&ラム酒に漬けたレーズン
アーモンドパウダーたっぷりのクッキー・チョコ(バーチ・ディ・ダーマ/貴婦人のキス)♪

いろいろと、心のこもったプレゼントの箱を開ける瞬間は、子供のような気分に還りますね♪
のんさん、どうもありがとうございました♪
f0071123_1658285.jpg

今年の2月の時点では「写真講座」に出席することなど、ユメユメ考えていませんでした。
それがなんと!
その後ブログを始めて、先週はフォトレッスンにも、参加してきたのですから!!

ブログで拡がった世界、今後の私の生活には、どんな展開があるのかな~(’-’*)
[PR]
by precious-komi | 2006-09-18 17:04 | カメラ

"情熱のコンフィチュール" 辻口博啓/著のレシピ本を参考に、いろいろと作ってみました。
銅製の鍋は持っていないので、重さ3キロの「なんちゃってルク」(これが意外に便利)を
使いました。(本物のル・クルーゼ、持ってない・・)。
f0071123_15242596.jpg

                           ---桃のコンフィチュール---

マンゴーの、コンフィチュールを作ってからというもの
・果物が、その姿を残してゴロっと入っている。何より、そのフレッシュ感が、たまらない!
・前日の下準備(カットして、レモン&グラニュー糖をまぶすだけ)さえしておけば、すぐに
 出来上がる。などの点が気に入り、すっかりその魅力に、とりつかれてしまいました。
f0071123_15262615.jpg

この本の特徴は、何といっても「強火で一気に、ジャッジャッ」。
絶えずスパチュラでかきまぜながら、アクを取っている内に、短時間で、できあがります。
f0071123_1285036.jpg

           ---バナナのコンフィチュール(バニラビーンズたっぷり!)
             *これは前日からの下準備なし。その場ですぐに出来ます---

長期保存は考えていなかったので、本にあるお砂糖の分量よりも、かなり少なくしましたが
それでも、相当甘く感じました。

f0071123_1291415.jpg







富澤商店で、こんなお砂糖も見つけました。
果物に同量のお砂糖をふりかけ、30分程おき
5分間火にかけると、あっという間にできます(ペクチン入り)。
これで、ペクチンが必要なトマト(500g)の
コンフィチュールを作ってみましょう・・。











好奇心で、試してみましたが、これがなかなか・・。
このお砂糖の特徴をつかむまで、2度失敗しました。
f0071123_12103194.jpg

1回目・・・きっかり5分を守らなかったところ(余りにもサラサラなので10分にした)
      翌日には、カチカチの飴のようになってしまいました。

2回目・・・作り終えてから(恐ろしいほどの高温になっていた)鍋に10分位、放置したところ
      また余熱で固くなってしまった。←懲りないのね。
         
3回目は・・心配でも、サラサラのジュース状態で火を止めました。すかさず瓶にうつした翌日
       は、さらっとしたコンフィチュールが出来上がっているはず・・。成功しました!

袋に書いてある、お砂糖の量より、かなりひかえました。従ってペクチンの量も足りないという
点が、気になりましたが、ちょうどよい固さでした。
f0071123_1295836.jpg

                  ---キウィ・コンフチュールも、あっと言う間に---

---バナナコンフィチュールでパウンドケーキ---

1回目・・小さい型で焼きました。
ところどころにコンフィチュールを落とし、かるく混ぜて焼いたところ、予想以上に
味のよい(バニラビーンズの香りたっぷり)パウンドケーキができました!
が・・くるみが沈んでしまった~。
f0071123_12104731.jpg

2回目・・・今度は、大きな型で焼きました(柄にも無く、ハートの敷き紙)。
      夫・談「これまでのパウンドケーキの中で、相当いい方の味だ。」 ヤッタァ!!
f0071123_1211238.jpg

せっせと情熱的に作っていたら、何やらお腹の辺りがムッチリ~・・(T-T*)
[PR]
by precious-komi | 2006-09-14 13:47 | お菓子

初秋の蓼科・土産物編

旅の楽しみのひとつにあるものが、現地での買い物。
そしてその条件は、地元の方が利用するスーパーや、地元密着型の直売所であること。

採れたて野菜を見かけると、好奇心も手伝って、ついつい・・・。
その結果、こんな事に。ジャン!
f0071123_2329355.jpg

名前に惹かれて買った、細長い茎は「エレガントサマー」。
(↓前回の記事に、これで作ったきんぴらを載せました)
かぼちゃのような形の白っぽいズッキーニ。未経験ですが、普通に調理するのでしょうか?

グリーンの巨大なズッキーニは、収穫が一日遅れたので、育ち過ぎてしまったとか。
長さ29cm・直径8cm・重さ830g。凄い生命力(成長力というのか)!
これは、いただいたので大喜び♪
f0071123_2329451.jpg

                       -----ドライ・フラワーも買いました-----

ところが!
帰宅してから "Sweet Heart" rinrinさんの「ヘチマ料理」の記事を拝見して、驚きました。
『成長し過ぎると、種で食感が悪くなるのでご注意を』・・あ~!そうだったんですかぁぁぁ。

・・・そうね、そうね世の中ほとんど、リーズナブルに物事は決まっていくの(T-T*) 
何故、今まで売られていなかったのか、と今頃になって気づく私。
f0071123_2330192.jpg

エヘン、可愛い物を見つけたでしょう?これは、食用ほおずき250円。
雑誌で見たことはありますが、実物は初めて。

説明書には「生食用です。ジャムにしても美味。甘酸っぱいマンゴウ味で大変日持ちが
いいです。デザートにして召し上がると、お口の中がサラサラです」(原文のまま)と、ありました。

う~ん・・。確かにマンゴー色だけれど、お味は「・・・。」やはり観賞用かな?
f0071123_23304823.jpg

帰途、山梨県の勝沼に寄りました。20年間、電話で注文している葡萄園です。
「甲斐路」が目当てだったのですが、今年の気象条件の影響か、収穫は未だとの事。

止む無く「ピオーネ」にしました。「種なし・種ありを、先ず食べ比べてみてネ。
何故、皆さん種なしを注文されるのか不思議~」と、Kさん。

確かに、確かに!お味が全く違う!

『でも・・どうして今まで教えてくれなかったの~(T-T*)』
↑自分で気づくべきでしょう?・・・以上!
[PR]
by precious-komi | 2006-09-10 00:00 | 旅行

記事が長くなってしまいましたので、2つに分ける事にしました。

f0071123_22554562.jpg





ブラックベリーは、荷物の重みで潰れたので、直ぐにジャムにしました。ホントに黒いのね・・。














f0071123_22563168.jpg

エレガント・サマーは、きんぴらにしました。
↓の記事のように「期待過剰」にならなかった事が功を奏したのか、美味しかった^^。

画像に無い土産物は、とうもろこし&しめじ。帰宅当日に、蒸していただきました。
プリップリ!!甘くて新鮮!幸せ♪

しめじは、ソテーにしました。塩・コショーして、お醤油をたらり。
う~ん、やっぱり美味でした~!!←自画自賛状態。

                     -----ぬかみそ漬け-----
f0071123_22571741.jpg

アスパラガスは、ピーラーでささっと軽く皮をむき、20秒くらい湯がいた後
ぬか漬けに(塩ふらない)。
細いので、この時期でしたら、すぐに漬かります(3~4時間)。

明日こそ、本当に蓼科関連の最終回です。
[PR]
by precious-komi | 2006-09-09 23:07 | 料理

初秋の蓼科Ⅱ

朝は、ホテル敷地内にある池を一周し、フィトンチッドたっぷりの澄んだ空気を満喫します。
本も2冊持ってきたので、午後はティールームで、お茶を飲みながら読書三昧のハズ・・。
しかし何やら眠気が・・・(-_-)zzz。 でも1冊は読破したぞ!
f0071123_1239879.jpg

f0071123_12392669.jpg

f0071123_12394533.jpg

今回初めて行った、御射鹿池 (みしゃかいけ・・と読むそうです)。
東山魁夷の「緑響く」のモデルになったとも言われています。

全てにおいて、そうなのですが、期待過剰の結果はよくないようです。
道路沿い(車がバンバン走る)にある小さな貯め池が、ポツンと突然現れる・・という感じでした。
でも、見られた事は、よかった!ただ曇っていた事が残念。
f0071123_1240164.jpg

虫集く、蓼科二日目の夜は、静かに更けていきました。
余りの静けさに耳が痛かった(シーンシーンと耳の中の音が聞こえました)。
f0071123_12401688.jpg

さぁて、今夜もパチパチと薪の燃える暖炉の前で、ソフトドリンクを・・♪
あぁ!お酒が呑めたら、どんなに楽しいことか・・(T-T*)

次回・蓼科のお土産編に続く・・・。
[PR]
by precious-komi | 2006-09-09 12:43 | 旅行

初秋の蓼科Ⅰ

夫の遅い夏休みを利用して、今週は蓼科へ行ってきました。
早くも、赤トンボが舞っていました。
f0071123_20195984.jpg

私は、樹木の中でも、特に白樺が好きです。旅の開放感もあってか、幾つになっても
白樺を見るだけでシアワセな気分になり、心躍ります。
子供の頃、庭に白樺が(1本だけですが)あった事も、影響しているのかも知れません。
f0071123_20214834.jpg

思えば初めて登山をした山には、白樺の木が沢山ありました。
真っ赤なニッカーボッカーズボン姿の私と白樺、それに紅葉・黄葉のカラフルな背景の写真は
私の青春の思い出の1ページ(大切な)でもあります。

あぁ!思い出すぅ♪M子ちゃ~ん!←すぐ脱線する。
f0071123_20225995.jpg

さて、今年もようやく大好きな白駒池(紅葉シーズンが又、素晴らしい)に行く事ができました。
以前は、八ヶ岳連邦の縦走コースの中に組み込んで、ほっと一息の休憩地点でした。

高見石の先端に立つと、眼下に波をうって広がる樹海の中の小さな瞳、白駒池。
カーンと晴れ渡った空のもと、腰に手を当てて、池を見おろしたものです。
が・・現在は、白駒池に行く事自体が目標に(トホホ)・・。
f0071123_20513559.jpg

白駒池そのものは、遠めに見たほどの美しさは無いのですが、樹木の下を覆う苔がとても
美しく静かで、40分程で池を一周できる点が魅力です。(ワンちゃんは入れないようです)。
注意点としては、かかとの高い靴は、避けた方がよさそうです(途中、木道アリ)。
f0071123_20525322.jpg

夜は、BSで「キリングフィールド」が放映されたので鑑賞。
ニューヨークタイムズの敏腕記者シドニー ・シャンバーグが、カンボジア内戦の混乱を
ルポした後に、ピューリッツァー賞を受賞。1984年に映画化されたものですが、これは
私の忘れられない映画でもあります(私には好きな映画と、忘れられない映画の2種類あり)。
f0071123_21164777.jpg

ラストシーンの「許して」「許すような事など何も無い」・・夫婦共に、暫く涙で何の言葉も
発せられぬほどでした(何度見ても泣いてしまいます)。
改めて私という人間の、日常の悩みが、何とつまらぬ軽薄なものであったか、心底
思い知らされた第一日目の夜でした。
[PR]
by precious-komi | 2006-09-08 21:03 | 旅行

グリルド・サラダ!

夜ともなると、虫の音が賑やかに聴こえてくるようになりました。早くも、9月に入りました。

10代は時速10㌔、20代は20㌔・・40代は時速40㌔で1年が過ぎる・・と聞きました。
・・済みません、見栄を張ってしまいました。50㌔でした・・。
毎日を全力投球!してみたいですが、怠ける事多々あり・・・トホ。
f0071123_10203754.jpg

さて、今日は「お野菜を、グリルパンで焼いてサラダにする!」にチャレンジしてみました。
いつも、本格的なお菓子と、お料理を作っていらっしゃる
"YPSILONの台所" Yさんの野菜料理に、とても興味を持ちました。

「お野菜自体に刷毛でオリーブオイルを塗るのが我が家流です」・・とYさん。
きっと美味しい!と確信しました。

ズッキーニ・オレンジピーマン・茄子と玉葱・・それにチェリートマトも焼きました。
Yさんのように長くカットして焼き、その後食べ易くカットしました。
f0071123_1021348.jpg

ドレッシングをかけて、塩・コショー。仕上げはハーブでお化粧♪
焼いた事で、お野菜の旨みが凝縮されたようです、いくらでも頂けました。
焼くだけで、こんなに美味しくなるとは!Yさん、いつも有難うございます!!
f0071123_10222247.jpg

もう一品、サラダを載せますね。ひところ、ブームになりました、ご存知「豚肉の紅茶煮」。
便利なので、我が家の冷蔵庫に、常にあります。

サンドイッチ・炒飯・麺類の付け合せ・中華風炊き込みご飯など何にでも使えます。
今日は、レシピ本を参考に、無花果と合わせて写真を撮ってみました。
f0071123_1023084.jpg

友人のイギリス土産以来、気に入って、サラダのお塩には「Maldon sea salt」を
愛用しています。さくさくとした食感と、まろやかな味わいで知られています。
サラダには、指先でつまんでパラパラと、つぶしながらかけると、いいようです。

9月4日追記:
★とまとママさんから、リクエストがありましたので、豚肉の紅茶煮のレシピを
載せますね。

More☆.。.:*・°
[PR]
by precious-komi | 2006-09-03 10:32 | 料理

都心にありながら、都会の喧騒を忘れさせてくれる優雅な空間"QEDクラブ "へ行きました。
四季の花々に囲まれた日本庭園には、本格的なお茶事もできる、好日庵もあります。
f0071123_21381822.jpg

アートコレクションは、ジョルジュ・ルオーやエミール・ガレ、藤田嗣治など、多岐多様な
作品で構成されているようです。
f0071123_22585248.jpg

お食事の後は、ラウンジでケーキ&お茶を頂ける、という点に魅かれて、グリルにしました。
四季折々に変化する美しい樹木を、ガラス越しに眺めながらのお食事、それはそれは
至福のときでした。
f0071123_21444530.jpg

お味は・・・鉄板焼きですから。それなりの・・。
温前菜は、アオリイカのソテー・フルーツトマトの和風サルサ。
f0071123_2147671.jpg

お食事の後は、美しい日本庭園を見渡せるラウンジに場所を移し、ゆったりとお茶を
楽しめます。この日はカプチーノにしました。
f0071123_21544812.jpg

f0071123_2152693.jpg

手入れのゆき届いた日本庭園を眺めながらの、静かなティータイム(のハズだった・・・)。

このラウンジで、賑やかなグループに遭遇してしまうと、悲惨です。
この日は、我が身の不運を嘆きました(T-T*)・・。
[PR]
by precious-komi | 2006-09-02 00:00 | 美味探索中