↑と、タイトルにうたいつつも、もう一泊は今月オープンしたばかりの "那須リゾート" にも
泊まりました(どしゃ降りの日)。今回のメインは二期倶楽部なので、その記事は割愛します。
f0071123_2032890.jpg

"二期倶楽部" の本館・清流側に泊まってきました。

ウェルカムドリンクのハーブティーを頂いた上に・・
お部屋には雑誌と、スパークリングワイン&フルーツが用意されていました。
f0071123_1724539.jpg

何と言っても嬉しいのは、冷蔵庫の飲み物代金がフリーであること♪
こんな単純な理由で大好きになってしまいます。←ケチとも言う。

ネット会員になると、会員限定プランのお知らせメールが届きます(今回はルームチャージ
2人で2万円)。全ての部屋のタイプが違うので、何度リピートしても飽きません。
f0071123_173997.jpg

カード会社の割り引き優待でも泊まった事がありました(ネット割り引きより高め)。
やはり部屋のタイプ(茶室つきなど)がちょっと広かったような気が・・。
f0071123_1733661.jpg

東館(イギリスのコンラン&パートナーズ仕様の素晴らしいデザイン)オープン時にはリピーター
割り引きチケットが送られてきました。チケットを握りしめて早速行ってきましたよ♪
新しくてインテリアも素敵でした!

が、その後また清流に惹かれて、古い方の本館に戻ってきてしまいました。
夫は、大浴場(と、言っても小さめです)は、東館の方が好きなので、そちらへ入りに行っています。
f0071123_174856.jpg

私は、ダブルベッドがちょっと苦手なんです(;_; 理由は夫のイビキ。
気をつけねばならないのは本館には2部屋、そのタイプがあるで、予約の時に確認
しています(一度経験して懲りた)。

午後10時には、お夜食(いなり寿司)も配られます。
夕食でお腹いっぱいだったけれど・・また食べちゃいました!
f0071123_1744738.jpg
夜の散歩には、キルティングコートも用意されて至れり尽くせり。
満天の星空の煌き、また眺めたいものです。

「何もしない贅沢」を充分堪能した二期倶楽部でした。
日常生活では・・・「何もしない贅沢はイカン!」と、猛反省(T-T*)


f0071123_16594790.gif

[PR]
by precious-komi | 2006-10-30 17:15 | 旅行

朝食の楽しみは何と言っても「朝からシャンパン」。←これが飲めるんです、不思議。
セルフサービスで野菜・果物・ジュースのお代わりも自由。
f0071123_18561448.jpg

敷地内にあるキッチンガーデンの無農薬野菜を、金山時味噌や、2種類の塩でいただきます。
夕食のボリュームも凄いですが、朝もたっぷり。朝食が終わる頃、数種類の採れたて野菜が
束ねられて売られる(以前は500円)のですが、今日は収穫がなかったそうで、ガックリ。
f0071123_18563667.jpg

そして、キャンドルの炎揺らめく中での夕食は・・。それぞれのメイン料理だけ載せます。

「本日の鮮魚とフォアグラのポアレ トリュフと牛蒡のソース セップ茸とコシヒカリの焼き
リゾット 白美人 アスパラを添えて」・・ふぅ。これが下の↓料理の名前です。
これは美味しかった!!
f0071123_18565327.jpg

↓は夫の仔羊料理です。メニュー名も、やっぱり長~~~いので割愛。全部で8品。

シェフが交代したので、今年こそ!と期待していたのですが・・。
次回から、フルコースはやめて、単品料理にしよう・・。お夜食も出るし。
f0071123_18571260.jpg

ピアノ演奏と、暖炉のパチパチ燃える音、これは何にもかえがたい幸福な時間と空間。
それでまた、このレストランに来たくなるのです。次回に続く・・。


f0071123_18584125.gif

[PR]
by precious-komi | 2006-10-29 19:19 | 旅行

那須・二期倶楽部 partⅠ

二泊三日の那須旅行に行ってきました。
f0071123_16211677.jpg

1日目は、何か悪いことしたのかな~・・と思ってしまう程の、
どしゃ降りの雨模様・・トホホ~。
2日目・3日目は、やっぱり日頃の行いがよかったからね!(←ヲイヲイ)と
思える程の晴天に恵まれました♪
f0071123_16214879.jpg

写真がいっぱいなので、まとめてドン!
f0071123_16222358.jpg

日記を3つに分けました。
長々と済みませんが、暫くお付き合いください・・。

f0071123_16203781.gif

[PR]
by precious-komi | 2006-10-28 16:26 | 旅行

きのこの長期保存法

f0071123_11563042.jpg

先ほど、旅行から戻りました。
写真の整理ができ次第、二期倶楽部(那須)の記事をアップしますね。

秋も深まってきたので、ツイードのパンツスタイルにしたいと、家中を3日かけて捜した(そん
なに広いか?)けれど、見つからず・・。とても気に入っていたので悲しい~。サイナラ~・・。
f0071123_944776.jpg

           --- (夏に撮った画像です)イル・プルーの塩味クッキー----

さてさて、気をとり直して!
久々に、古~いデジカメ↓を持って、東銀座へ出かけました。
しかも場所は地下1階で暗い(言い訳・・フフ)。
お料理教室で、ビーツを使ったソースなどを習いました。

中でも一番興味を持ったのは、きのこ(帆立の下にある)の長期保存法。
f0071123_18553688.jpg

<作り方>
1・えのき・マシュルーム・椎茸・ひらたけ・しめじなどをスライス(4ミリくらい)する。
2・それを鍋に入れ、サラダ油をたっぷりかけて水を足し(きのこの2/3までかぶるくらい)
  塩をして、15分くらい煮て(アクを取る)冷やす(←氷水をあてて一気に)。

以上で出来上がり!(盛り付けの時は水分を切る)
f0071123_2042864.gif

特に特に!重要なポイントは
40℃が細菌の繁殖を起こしやすいので、一気に冷やす事だそうです。
そういえば、火を消してから一晩置いた物の中には、翌日には早速イヤな臭いがした事が・・。

この調j理法は、オイルでコーティングされるので、きのこが1ヶ月は持つという事でした。
沢山頂いたり、買った時などに、この保存法は、便利なようです。
f0071123_93438.jpg

また、食べる時の最適な温度は8℃が美味しいとか。
少し室温に戻してから盛り付けるそうです。
今回は知れば納得φ(..;) 温度(40℃と8℃)の事で、いろいろと勉強になりました~。

ツイードの・・多分、先月の旅先のホテルに置いてきたのかな?←シツコイわ (T-T*)

f0071123_9352663.gif

[PR]
by precious-komi | 2006-10-26 19:03 | 料理

フォトレッスン

yonechiさんのフォトレッスン3回コースの2回目に行ってきました。
三脚も買ったぞ♪早速、使い方をレクチャーして頂き、大変勉強になりました。
また前回同様、お上手な生徒さんもいらして、とっても刺激を受けました!
f0071123_9424988.jpg

以前行った、話し方講座と共通している事は、その日何を一番うったえたいのか「的を絞る」
鍛錬が必要、と感じました。
あれもこれもと欲張ると、一番主張したい事の焦点がぼけてしまうようです。
f0071123_2159127.jpg

そして今日、再認識した事は「料理本の真似をして撮った」つもりが、実はお手本を見て
いなかったという事でした(写すのが精一杯、というのが現状)トホ・・。
いいお手本の真似は、進歩向上につながるそうです。
f0071123_2252055.jpg

話は突然変わるようですが
蚊は、パチンとはたかれても、3秒経つと忘れて又人間に近づいてくるそうです。
f0071123_22112997.jpg

先日から、宿題のマニュアル撮影が出来ない(最終的に出来たが)などと、騒いでおりましたが
それは全く私の勘違いで実は「オートで写真を2枚撮る」・・だけだったようです(前回、先生の
お家を後にした瞬間から、記憶がすり替わったみたい)。
f0071123_22625.jpg

私の脳jミソも、いよいよ蚊レベルになったか・・(T-T*)
↑これが、今日主張したいことだったの?


f0071123_21573658.gif

10月22日追記:今回も、マニュアルで撮りました。
           次回からAvモードで、練習してみたいと思います。
[PR]
by precious-komi | 2006-10-20 22:42 | カメラ

薔薇の雫にひとめ惚れ

表参道でお花を買ったその足で、PIER HERMEへケーキを見に行きました。
季節ごとに変わる美しいケーキを眺める事が、とても楽しみ♪
f0071123_10193672.jpg

マカロンの上にのった、、ある物に目が釘付けに・・。
薔薇の花びらと小さな雫↓・・素敵・・・「ください」。
f0071123_10123089.jpg

お店を出たところに、八百屋さんが道端で品物を並べていました。
これまで、料理本でしか見た事が無かった(田舎暮らしなの)緑色の無花果 "バナーネ "。

私「これ、美味しい?」
八百屋さん「美味いよぉ~!ほらほら!中はこんなに赤いの」と包丁を入れた。

おじさんは自分の口にポイっと入れて「あ~うめぇ~!」。・・私には、くれなかった(T-T*)
表参道の八百屋さん、都会風なのね(?)・・仕方ないわ「くださ~い」。
1パック(沢山入って)300円也。
f0071123_10511268.jpg

料理本の写真を真似てパチリ(ダイヤルMで)。
鮮やかな赤に魅せられ、そして柔らかい口当たりと高糖度にもビックリ!
皮はむかずに、そのままでもいただけそう。

はいっ!必ずリピート買いします( ̄ ^ ̄)ノ
f0071123_18522614.gif

[PR]
by precious-komi | 2006-10-19 21:09 | 日々

ハロウィ-ンのアレンジ

次女から、キャンディーコーンと 共にMartha Stewart の雑誌が届きました。
f0071123_17115751.jpg

HPも様々なカボチャの飾り方などが載っていて楽しい♪
ここまでは↑オートダイヤルで、写真を撮りました。
Martha のホームページを参考に、キャンディー(色あいは11月の感謝祭カラーですが)を
使ったお花を飾りましょう~♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日こそ本腰を入れて、マニュアル撮影にチャレンジ。
説明書を読んだら、できたぞー♪
これでやっと宿題完了。
f0071123_188394.jpg

表参道のカントリーハーベストで、ハロウィンカラーの鶏頭を買いました。
f0071123_189332.jpg

ガラス花器の中に、更に小さなコップを入れて、お花を挿しました。
ケイトウはドライフラワーにもなりますね。英名は "Cocks-comb"=鶏のとさか。

やっぱり夏休み最終日に、泣きながら宿題する子だったのね。
オバハンになっても治らない(T-T*)



f0071123_18223553.gif

[PR]
by precious-komi | 2006-10-18 17:08 | 花*

ニューウェーブが咲きました。
yonechiさんから、センスよくオシャレに見せるには「縦の写真」・・と教えて頂いて以来
最近は、意識して、縦で撮るようにしています(奥行きが出る)。
そしてグっと寄って、寄って撮る!・・寄りすぎてボケたかな?
f0071123_1494997.jpg

お刺身が4~5切れ余ったので「しそ・生姜の甘酢漬け(ガリ)・きゅうり・ブロッコリースプラウト」と
一緒に巻きました。きゅうりの千切りと、たっぷりのガリがアクセントになって、いい食感でした。
縦に、グっと寄って撮りました。夕方で、ちょっと暗いのが残念。
f0071123_14112278.jpg

いちじくのコンポートはYさんのレシピを参考に作ってみました。アングレーズソースの代わりに
冷凍庫で眠っていたカスタードクリームに、生クリームを混ぜました。

これまでは赤ワインで作っていましたが、今回作ったものは、とても優しいお味でした。
f0071123_14125091.jpg

実は、↓これ以外に、真上から撮った力作(?)があったのですが、没にしました。
・・・というのも、スプーンの真ん中に「短パン姿で必死にカメラを構えている私」がバッチリと・・。

この写真は小さく撮ったので、なんとか指先ツールでボカしました、グヤジイ。
赤は難しい・・。宿題やってない・・。子供の気持ちが今わかる・・。
f0071123_2118929.jpg

教訓:写真を撮る時は、盛装で(T-T*)


f0071123_1814046.jpg

f0071123_1415964.gif

↓丼ものの記事もアップしました。
[PR]
by precious-komi | 2006-10-16 14:58 | 日々

ごぼうの炊き込みご飯で、うなぎの櫃まぶしを作りました。
ごぼう&鰻&山椒がいい香りを放っています♪

抹茶碗は「婦麗姿明日ー湖美」作・・・なんて!ヒントは私のID。
le-panierさんに倣って、つけてみました。

結婚前に、お茶の道具を自分で作っていた時期がありましたが、その時の物です。
建水も、まだ持っていますが、重宝して煮物などの時に使っています。余りにも幼稚な絵付けで
とてもブログには出せません・・。そのうち、切手くらいのサイズで登場させるかも知れません。
f0071123_1358102.jpg

そして八百屋さんで、秋茄子のつやつやを見かけて・・つい買ってしまいました。
「豚カツもどきヘルシー丼」にしましょう。

とんかつソースに、少々のだし汁&お砂糖を加えて温めておきます。
揚げたての茄子を、熱々ご飯にじゅっとのせて、上から熱いソースをたっぷりかけて
いただきます。出来立てを、ハフハフっといただきます。
f0071123_1358345.jpg

「今日は、炭水化物が多いんでないの?」と、クレームがつきました。そお。
これじゃ、ヘルシーの意味なかったわ・・・(T-T*)




f0071123_13592100.gif

[PR]
by precious-komi | 2006-10-16 13:53 | 料理

栗の渋皮煮・partⅡ

十月六日、関東地方は激しい暴風雨域に入り「十五夜お月様」は、残念ながら
見られませんでした。
f0071123_1013524.jpg

江戸時代の書物には「中秋の名月、十年に九年は見えず」のような記述もあるとか。
この時期、台風と長雨にたたられる確立が高い、という事なのでしょうか。
来年は9月25日だそうですね。

嵐の翌日は、何もかも洗い流されたようなすっきりとした青空に、秋の雲が浮かんでいました。
f0071123_10254.jpg

さて、いよいよ<栗の渋皮煮>レシピ編です。
皮むきと、筋取りさえ乗り越えたら(表現がオーバーかな?)後は楽ですよ♪

丹波の栗1kgで作りました。大粒は皮むきの個数が少ないので、楽でした。
いつも「栗くり坊主」を使って鬼皮をむいています。

::::::::栗の渋皮煮・ブランデー風味 ::::::::::::

1・下準備として、皮つきの栗を、熱湯に2時間浸す。
  ざるにあけた後、鬼皮をむく(渋皮は残す)。

2・栗1kgに、ひたひたの水、重曹小さじ1・5を加えて、15分~20分ゆでる。

3・ゆで汁を捨てて、同じ事をもう1度繰り返す。

4・ゆで汁を捨てて、ひたひたの水だけで、15分~20分ゆでる。

5・ゆで汁を捨て、栗の筋をとって、綺麗にする(ポイント)。
 指先が汚れるので、薄手の(ピッタリとした)手袋を使うことをお勧めします。 
 流水の下でするとよい。

6・鍋をきれいに洗い、栗を並べ入れる。

7・そこに水3合(540CC)に砂糖300gを入れ、紙蓋をして30分~60分、弱火で煮含める。
  (お砂糖は、一回で入れる・小分けしない)

8・最後にブランデー大さじ1、お醤油小さじ1を入れる。
f0071123_10283542.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 <要約すると>  熱湯2時間ー→鬼皮むき

 15~20分  15~20分  15~20分    30~60分
*ーーーーー*----ー*-ーーーーー*ー------ーーー*
 重曹&水   重曹&水   水だけ  筋を掃除  水&砂糖  仕上げにブランデー&お醤油

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

★皮むきに失敗した物は、渋皮もむき、栗ご飯に使う(多少の欠けならOK)。
★筋を取る作業を、きちんとするか、しないかが、料理の出来の分かれ目(ざるにあける
 時や筋の掃除(薄手のピッタリした手袋を使用)の時は、静かに扱ってくださいね)。
★煮沸消毒した保存瓶に入れる(カビ対策として、シロップで栗の表面を覆う)。約一ヶ月もちます。
★友人のお母様のレシピをお借りしました。20年間、上記の要領で作り続けています。
f0071123_103491.jpg





f0071123_162429.gif

[PR]
by precious-komi | 2006-10-10 10:11 | 料理